Blog

|

2023.05.08

【イベントレポート】地元の小学生2000名を無料招待 未来を育てる活動

アウトソーシングテクノロジーは2022シーズンに引き続き、今シーズンもJリーグ加盟サッカークラブ「ロアッソ熊本」(以下、ロアッソ)とOFFICIAL TOP PARTNER契約を締結しました。昨年はプレーオフ最終戦まで勝ち上がり、惜しくもあと一歩のところで手が届かなかったJ1参入への夢。熊本を歓喜の渦に巻き込んだあの快進撃を、新しいシーズンも地域と一緒になって体験できるように、サポートしていきます!
昨年はシーズン途中からのパートナーということもあって、行き届かない部分もありましたが、今年は地域振興、スポーツ振興のイベントを企画し、サポーターのみなさん、地域のみなさん、そしてOSTech社員が、より参加できるものを計画しています!
企画の第一弾として3月19日(日)に行われたサンクスマッチの模様をご紹介します。

https://www.ostech-online-magazine.com/tag/ロアッソ熊本/

昨シーズンの振り返り

J2に昇格し、リーグ4位の成績でプレーオフまで進出した昨シーズンのロアッソ。2022年9月20日のいわてグルージャ盛岡戦で、ユニフォームにOSTechのロゴが初掲出されました。パートナーとなって以降、記念としてノベルティを配布するなど、試合時にはイベントも開催しています。特にサポーターに喜ばれたのがプレーオフ第2戦のOSTechサンクスマッチで行ったコレオグラフィ。実は、サポーターからご提案を受け、実現させたものでした。J1参入決定戦が行われたアウェイのサンガスタジアム(京都府亀岡市)でも、サポーター席をチームカラーの赤と白で染め上げ、試合に華を添えました。
ホームゲームの社員招待には合計で、約400人が参加。サッカー観戦と共に、イベントへの参加を通した従業員体験の場を提供できたことで、一体感が生まれました。
今年はその輪を広げるべく、アウェイの試合でも無料招待チケットをプレゼント。開催前に社内チャットツール(インサークル)でお知らせしていますので、観戦してみたい方はぜひお申し込みください。年間の試合開催日程、会場についてはチームのH P(https://roasso-k.com/games)をチェックしてみてください。

プレーオフ第2戦サンクスマッチ コレオグラフィの模様

今年のロアッソ

今年のシーズンは、2月19日にカンセキスタジアムとちぎ(栃木県宇都宮市)で開催された栃木SCとの対戦が開幕戦となりました。昨シーズンからユニフォームも新調! ファーストユニフォームはロアッソのイメージカラーの赤に、白のロゴが映えます。他のパートナー企業のロゴも同じく白で、ユニフォーム全体に統一感がありますよね。セカンドユニフォームは白ベースのユニフォームに、コーポレートサイトでも採用されているグラデーションカラーのロゴを掲示。新しいイメージとなりました! グラデーションロゴは、サポーターの方からもご好評で、Twitterでも多数コメントいただいています。

今年のロアッソのチーム構成は、若手が多く加入し、全体が若返りしています。大木監督は今年、チームを率いて4年目。これまでチームを育成してきた結果が昨年の大躍進につながっていることもあり、今年はさらなる若手の活躍が期待されています。若手メンバーが育つ環境を作り上げて活躍の場を広げ、新たなステージへと突き進む。OSTechと同じですね!

現在、第14節まで終了し、5勝4引き分け5敗のロアッソ。新生チームの進化はまだまだこれから、今年も盛り上がりそうです!

熊本の小学生が大集合! キッズ用Tシャツとクリアファイルをプレゼント

3月19日(日)に行われた第5節、V・ファーレン長崎戦では、OSTechサンクスマッチを開催しました! OSTechにとって2023シーズン初のサンクスマッチとなります。今回の企画の中心は子どもたち。ロアッソのクラブ理念である「県民に元気を」「子ども達に夢を」「熊本に活力を」を、OSTechも一緒になって取り組むため、キッズたち参加型のイベントが計画されました。

スタジアムに来場して、サッカーを通じた交流や新しい体験、出会いを重ねてほしいと、県内の小学生2000名を対象に無料チケットを準備。来場したくれた小学生には、先着2000名にキッズ用Tシャツをプレゼント! さらに、大人も含めた来場者全員を対象に、今シーズンのチームメンバーの顔写真が入ったクリアファイルを配布しました。チームのメンバーを覚えて、お揃いのTシャツで今シーズン何度も応援に来てほしい、という気持ちが込められています!
来場したキッズたちは早速、受け取ったTシャツを着用して観戦。たくさんの笑顔や「ありがとう!」の言葉に、配布したスタッフ一同が癒されておりました。

試合開始前には、雇用戦略本部の山根本部長からサポーターの団体に大旗の贈呈式イベントを開催。一緒になってチームを支えていこうと力強く握手を交わしました。贈呈した大旗は、選手入場の直前に行われたフラッグシンフォニーで披露されました。

盛りだくさんのイベント キッズたちが大活躍

また、試合前イベントには、一般公募に当選したたくさんのキッズが参加してくれました! 選手がプリントされたのぼりを持ってセレモニーを盛り上げてくれたのは、通称“のぼり隊”。大旗が披露されたフラッグシンフォニーでも、グラウンドを取り囲み、会場を華やかにしてくれました!

選手入場の場面では、エスコートキッズの面々が笑顔で登場。プレゼントしたお揃いのTシャツ姿がうれしいです! 参加してくれたみなさん、ありがとうございました!

のぼり隊の勇姿
エスコートキッズたち

サンクスマッチの入場者数は、2023シーズンのホーム最高を記録。7800名を超える観客が応援する中、試合が行われました。この日は残念ながら黒星となりましたが、シーズンは始まったばかり。新生ロアッソがどのように進化していくのか楽しみに、熊本のみなさんと共に今年もサポートしてまいります!
GO! GO! ロアッソ!

#Tag

関連記事

Read

【大会出場レポート準備編】鳥人間コンテスト2021! 2年ぶりの熱い戦いの結果は…

Read

【鳥人間コンテスト大会レポート】大応援団のエールを”力”に 総力を結集して大空へ

Read

【イベントレポート】夏休みの親子セミナーを開催!3D CADと3Dプリンターで、ものづくりを体験